スポンサードリンク

会社をバックレる前に読んでおきたい基礎知識

会社 バックレ

 

こんにちはわ、アルカドです。

会社をバックレる前に注意しておきたいことをまとめました。
時系列的に書いていってますので参考にしてみてください。

 有給があれば消化しておく

有給があれば病欠などで休んで消化しておくのがベターです。
雇用者の正当な権利です。

 

 可能であればタイムカードのコピー

必須条件ではありませんが、
残業代を支払われないなど給料面でバックレ後にトラブルがあった際に
貴重な証拠となるので万全を期すのであれば隙を見てコピーしておきましょう。

 

 退職届は必ず出す

突発的に会社を辞めるのがバックレではありますが、
完全に音信不通でやめてしまうのはリスクが高すぎます。

退職届を出すべき理由は大きく3つあります。

 

①事件や事故の可能性を消すため

相手にこれはバックレですよという意思表示をしないといけません。
最悪の場合、捜索願などシャレにならない大事(おおごと)もありえます。

 

②会社が辞めさせてくれないケース

会社が退職を受理してくれないという話もよく聞きます。
(要は無断欠勤が連続してるという判断)
これは次の職場で働く際など何かと面倒になります。

ですが、退職届を出してさえいれば会社側が認めなくても
法的に退職届提出後2週間経てば退職できます。

万が一に備えるのであれば内容証明郵便で退職届を提出してもいいと思います。

 

③懲戒解雇にならない為に

退職理由が自己都合退社になるのはバックレた以上仕方ないですが、
懲戒解雇は今後の仕事に差し支えが出ます。

2週間以上の無断欠勤が連続すると懲戒解雇の正当な理由になってしまいます。

また、退職届を出さないと会社側がいつで退職受理するかわからず、
手続きが非常に面倒です。

それが理由でバックレた会社と電話や郵送でやりとりするのも
お互い手間なので最初にはっきりと退職の意思を伝えておきましょう。

突発的に今、バックレる場合でも置き手紙くらはしておくべきです。

 

 返却物は必ず返す。郵送なら普通郵便は避ける。

会社から支給されている備品は全て会社に返却しましょう。

会社のロッカーに鍵を挿しっぱなしのパターンもよく聞きますが、
盗難などのトラブルも考えられるので郵送がベターかと思います。

ただし、IDカードなど紛失すると厄介な返却物に関しては
万が一に備えて普通郵便ではなく書留で郵送することをおすすめします。

 

 実家の電話対策

バックレると99%の確率で会社からの電話が鳴りっぱなしです^^;

そこで着信拒否や無視すると(たぶんすると思います)これまた高確率で
実家に電話をしてきます。

そんなの全く気にしないという方は何もしなくて結構ですが、
親に迷惑かけたくない、できればバックレたことは知られたくない場合は、
電話に出るか、もしくは事前に親に会社から電話がある旨を伝えておくことが
親の心配を多少は軽減できるかと思います。

 

 もしお給料が支払われない場合

まともな会社は働いたお給料は日割り計算で支払ってくれますが、
比較的小さな中小企業などはバックレた月のお給料を支払わないケースが多々あります。

バックレた後ろめたさから連絡しづらくて泣き寝入りする人も
案外多いんですが、それとこれとは別です。

アナタが働いた分のお給料は理由はどうあれ会社には支払う義務があります。

労働基準監督署に行き会社の給料未払を相談してみましょう。

おそらく簡単な催促の書類をもらえるので
会社に労働基準監督署に行って相談してることも伝えた上で
お給料をすぐに支払うように催促しましょう。

大半の会社は厄介事になりたくないので
まずこの時点で支払ってくれます。

万が一支払いが行われない場合は再度、
労働基準監督署に行きその旨を話してみましょう。

 

 離職票は失業保険をもらう際に必要です。

通常は入社時に提出していれば年金手帳や雇用保険被保険者証、
それと離職票も会社から貰うはずです。

年金手帳や雇用保険被保険者証は再発行も可能なのでいいですが、
離職票は失業保険を貰う際に必要な書類となります。

離職票は本来、退職者から要望があった場合、
会社は発行しないといけない義務がありますので
必要な方は会社に問い合わせてください。

 

 年末には源泉徴収票をもらう

アナタが自分で確定申告するにしても、
次の職場で年末調整してもらうにしても前の職場の源泉徴収票が
必要になります。

何も言わなければ送ってきてくれない会社が大半ですので、
忘れずに請求しましょう。

 

一応、以上がバックレる際に知っておきたい基礎知識ですが、
これらとは別で非常に質問が多く、不安に思うことをQ&A方式で参考までに回答しておきます。

 

会社をバックレて辞めた場合、次に働く先の面接などでバレることはありますか?
普通に転職するだけならバレません。

あなたの個人情報は個人情報保護法案で守られています。

ただし、例外としては今回就く職務が特殊な経験などが必要な場合や役職者の場合は調査する可能性はあるかもしれません。

 

会社をバックレた場合、損害賠償請求されるか心配です。
明らかにアナタがバックレたことで会社に多大な損害がある場合を除き請求されることは考えづらいと思います。

損害賠償請求を起こすには告訴して裁判して具体的にアナタがバックレたことで会社がどれくらいの損害が出てか計算して根拠を出す必要があります。

会社がバックレたたかがいち社員に大して時間と費用と労力をかけて裁判までするのは普通に考えて有り得ないです。

そこまでやって損害賠償請求をして仮に請求が認められたとしても一個人に請求できる額は会社からしたら微々たる額でしょうし、アナタから回収できる保証もありません。

よほどのことがない限り会社側はデメリットの方が大きいと思います。

※ちなみにバックレで損害賠償請求できた実例はこれまでで1件のみだそうです。

 

以上が会社をバックレる前に読んでおきたい基礎知識でした。

みなさんの参考になれば幸いです。

 

 

    スポンサードリンク

    コメントを残す