スポンサードリンク

逃げの転職を繰り返した僕は結果こうなったw

逃げの転職

 

こんにちは、アルカドです^^

不満な気持ちを原因に転職することを俗に

逃げの転職

というみたいです。

 

そうであれば僕のこれまでの職歴も逃げの転職だらけでした。

22歳の時に始めて飲食業界で正社員として働いてから
35歳まで正社員で10回以上の転職を繰り返してきました。

しかも、正社員で1年以上働いた経験はありません。

仕事を辞めてはしばらくアルバイトをして
また正社員になってすぐに辞めてはまたアルバイトで食いつなぐ。

その繰り返し。

 

そんな逃げの転職を繰り返してきた僕が転職について思うことは

 業界は変えられても職種は変わりづらい

個人によっては可能な方もいらっしゃると思いますが、
僕は非常に難しかったです。

20代半ばくらいまでにどんな仕事をしていたかで
そのあとの転職できる職種が限定されてしまいます。

僕の場合だと飲食業がメインだったので
サービス業か人手不足の営業職などしか書類が通りませんでした。

 

 自分に原因がある場合は繰り返す

前の職場で何かしら上手くいかなかったから転職することが大半だと思いますが、
その原因が明らかに自分にある場合は、改善しない限り場を変えても同じことが起きます。

僕の場合は根本的に「会社で働きたくない」という思いが強くあったので
ちょっと嫌なことがあれば辞めてしまってました。

 

 転職をするのも35歳まで

俗に転職のラスト年齢は35歳と言われますが、
僕の感想も同じです。

余程のキャリアがない限り35歳以上の転職は厳しい。

僕も今の仕事をする直前の35歳の時には派遣の仕事でした。

 

 

逃げの転職を繰り返してきた僕ではありますが結論としては、

転職の理由なんて何でもいい

と思ってます。

 

逃げだろうと逃げじゃなかろうと転職すればいい。

職場が合わないっていうことは当然あるでしょうし、
むしろ初めての職場が相性抜群だった人の方がレアだと思います。

実際は「こんなもんだ」と会社に合わせながら残ってる人も多いのではないでしょうか。

「自分は逃げてるのではないか」と転職するかどうか思い悩むのは時間の無駄です。

世の中、会社も仕事もたくさんあります。

僕もいろいろな会社で働きましたが同じ業界でも労働環境や人間関係も様々です。

自分がどういう職場で働きたいのかをしっかり考えて
次の仕事を探すのであれば転職してもいいのではないでしょうか。

 

ただ、僕のように転職すること自体が目的のようになっている人は、
どこかで自分の居場所を作る努力

をしないといけないと思います。

僕もそうであったように、
何度も転職を繰り返す人は何か自分の心の中に押さえ込んでいる気持ちや
想いがあるような気がします。

僕は会社で働くということを捨てて
個人でお金を稼いで生きていくという選択をしました。

それなりの努力もしましたが、
本当に自分がそうなりたいと思っていたことだったので
とくに苦労とも努力とも感じませんでした。

※詳しくはプロフィールをどうぞ。

 

逃げの転職だろうがなんだろうが、
人生は楽しんだ者勝ちです。

逃げの転職でもその先で結果を出して
ハッピーになれば勝ちの転職じゃないですか( ´ ▽ ` )ノ

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

    スポンサードリンク

    コメントを残す